ルノー・メガーヌ VSシビックタイプR400馬力白熱爆走ニュース!!

 

こんにちは、ひーちゃんです。

ホンダのシビックタイプRといえば、FF車世界最速ということで知られています。

ホンダ・シビックタイプRのライバル車とされているのがメガーヌ・R.S.トロフィー。

この2車種が今、大いに話題を集めています。

 

今回は、この2車種の話題のニュースについて掘り下げていきます。

メガーヌR.S.トロフィーが新記録を更新!

2019年4月15日、ニュルブルクリンクで行われたタイムアタックでは、20.600kmのコースで7分40秒100という記録を更新しました。(20.8832mのコースでは7分45秒389)

これはホンダシビックタイプRの記録7分43秒800を約3秒上回る記録です。

 

メガーヌR.S.トロフィー VS FK8の動画はこちら

ホンダ・シビックタイプR 400psを発表!

それに対抗するのごとく、ホンダ欧州は5月23日、シビックタイプRの最大出力を400psに強化したワンオフモデルを発表しました。

 

エンジン側のチューニングとしては、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンに、ECU、インダクションシステム、インタークーラー、エギゾーストなどです。

 

それに伴い、足回りもスタビライザーやリアキャンバーアーム、軽量の19インチホイールを搭載しています。

 

まとめ

ホンダ・シビックタイプRの人気はニュルブルクリンクの記録により大きく高まりました。

スポーツカーとしてニュルブルクリンクのタイムアタック記録は1種のステータスといえると思います。

 

今回、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーにFF車世界最速の座を譲ることになってしまいましたが、400馬力に大幅パワーアップしたホンダ・シビックタイプRであれば名誉を取り返すことができるかもしれませんね。

コメント