新発売MAZDA3(旧名アクセラ)価格・燃費・デザインを一挙大公開!

スポンサーリンク

 

2019年5月24日、MAZDA3(マツダ・スリー)が新発売されましたね。

デザインも更に美しくなり、発売早々話題を呼んでいます。

 

今回は、MAZDA3について掘り下げていきます。

新発売MAZDA3

国内では「アクセラ」の車名で展開されていましたが、フルモデルチェンジに伴い世界統一の名称に変更されました。

「マツダ新世代商品の幕開け」となるように、新デザインや新技術を用いた新製品であることを示す重要な位置づけな車となっています。

 

ボディータイプはこれまでのアクセラと同様に、ハッチバックとセダンの2種類が用意されています。

スポンサーリンク

デザイン

新生MAZDAのトップバッターということで、美しく変更されたデザインを見てみましょう。

エクステリア

MAZDA3 デビュー 新型

出典:https://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1905/24/l_yk_mazda301.jpg

さらなる深化を遂げた、独創の“魂動デザイン”。

「クルマは単なる鉄の塊ではない。クルマに命を吹き込み、人とクルマをエモーショナルにつなぐ」。

これがマツダのデザインテーマ「魂動」の哲学です。

MAZDA3では、この考えを継承しつつ、さらなる深化に挑みました。

それは、日本の美意識を礎にした「控えめでありながら豊かな美しさを持つ」というマツダならではのエレガンス表現の追求です。

シンプルなフォルムでありながらも、繊細な光の表現でドラマチックな生命感を感じさせるデザイン。

不要な要素を省き、表現をシンプルにすることで強めたメッセージ性。

誰もが写真を撮りたくなるような、人を感動させるアートの次元にまでデザインを高めることを目指しました。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/design/fastback/

インテリア

MAZDA3 内装 インテリア

出典:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

「引き算の美学が息づく、洗練された豊かさに包まれてみませんか」

シートに座ったときのクルマとの一体感を、さらに高めること。

ドライバーを中心にしたコクピット。シンプルながらも豊かさを感じるインテリア。

走りへの期待が自然と高まる、心地よい室内空間を目指しました。

 

理想の手触りを追求した、無意識に触れたくなるデザイン。

触れたときの心地よさを数値化し、適切な触感を設定してインテリアを造り込みました。

シート開発への活用はもちろん、ステアリングやシフトレバーなどの触感の統一なども図っています。

 

気持ちをポジティブにする、小気味よいスイッチの操作感。

スイッチを操作する際の人の反応や感情の変化などに着目し、心地よい操作感を追求。

押す・引く・倒す・回すといった異なる操作方法でも、共通の感覚を得られる操作感を生みました。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

ユーザーの中には値段の割に高級感がアップしているとの声も見受けられました。

ライバル車よりワンランク上をゆくデザインに仕上がっていることは間違いなさそうです。

 

価格・グレード・燃費

2019年5月24日に発売されたのは以下のグレードになっています。

(標準グレードのみ記載しています。)

ボディータイプエンジン・排気量価格燃費(WLTC)
ファストバックガソリン1.5L¥2,181,000~16.6km/L
ガソリン2.0L¥2,470,000~15.6km/L
ディーゼル1.8L¥2,740,000~19.8km/L
セダンガソリン2.0L¥2,470,000~20.0km/L
ディーゼル1.8L¥2,740,000~15.8km/L

2019年10月には、次世代ガソリンエンジンであるSKYACTIV-Xが搭載されたグレードも発売予定になっています。

 

まとめ

デザインや内外装のクオリティは大幅にアップしていて、かなり完成度の高い車だと感じました。

 

燃費に関しては、これまでのアクセラよりは低燃費になっていますが、最近の車としてはずば抜けて良いわけではなさそうです。

日本人は燃費を気にする人が多いので、少し物足りないと感じる方も多いのではないかと思います。

 

今後発売予定であるSKYACTIV-Xを搭載したモデルがどれほどパワフルかつ低燃費になっているのかが気になるところですね。

私たち"かーねくすと"は、みなさんの「このクルマが欲しい!」という思いを後押しするサイト作りを目指しています。

おクルマの買い替えの際には一括査定サイトカーセンサー.net簡単ネット査定などを利用しておトクに手放し次のクルマを購入する費用に。

私は実際に一括査定サイトを利用して40万円も高く買い取ってもらった実績があります。

しかし、一括査定サイトを使うと「業者から見積もりの電話がたくさんくるのではないか?」という疑問もあると思います。

そのような方のために、コッソリ教えます↓↓

たくさんの業者が査定してくれるので、クルマが高く売れる業者を見つけるためには必須となる一括査定ですが、「電話がたくさんかかってくるのはちょっと...」という悩みを持たれている方も多いと思います。そんな方のために、業者からの連絡をなるべくメールでの連絡をしてもらえるようにする方法を伝授します。(ただし、これが可能なのは私の知っている限りカーセンサー.net簡単ネット査定だけです。みなさんご存知のサイトなので安心して使用できるかと思います。)
方法はいたって簡単。まずは普通に入力をすすめて、ユーザーがフリーで入力できるスペースに「メールでの連絡を希望」と記入するだけです。下のウィンドウが追加表示されます

車を買い取ってもらうには実際に車を見てもらう必要があり、ちょっと面倒ではありますが、損をしないためには、この手のサービスは迷わず利用して、ガンガン競わせることが鉄則ですよ!!

一括査定が不安な方は、まずは公式サイトを覗いてみるのもアリですよ。

 

みなさんにこの記事を参考にして素晴らしい買い物をして頂くことが、このサイト作りの原動力になっています(^▽^)ノ^★

 

ご質問、ご相談等ございましたら下記のコメント欄にお気軽にご記入下さい。

順次ご回答させて頂きます。

スポンサーリンク
ニュース
ぜひシェアをお願い致します
ひーちゃんをフォローする

コメント

Blog“かーねくすと”について

このブログは、車開発エンジニアの”ひーちゃん”と販売店ショールームスタッフの”まいちゃん”が運営しており、主に車を中心とした情報発信をしています。

  • 車の値引き情報・コツ
  • 中古車選びのポイントや注意点
  • クルマ選びに失敗しないための口コミ
  • 実燃費や乗り心地の評判
  • ドレスアップパーツの紹介
  • ニュース
  • 車に関する日記や雑記記事

このブログは、クルマ選びと購入サポート、ウキウキするカーライフを提供することをモットーに製作しています。

新着記事

【RAV4 PHV】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?
維持費の安い車ベスト3!セダンやSUVの維持費は?【2020年最新】
新車で買えるマニュアル車(MT車)一覧【2020年最新】
【スズキ ジムニー】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?
【スズキ ハスラー】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?

人気記事

【新発売ヤリス】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?
【バカ売れライズ】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?
ライズの便利機能一覧!【機能&便利オプションをエンジニアが解説】
【バカ売れロッキー】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?
【スズキ ハスラー】人気カラー調査!みんなが買ったカラーは何色?
タイトルとURLをコピーしました