ステップワゴンの値引き相場・限度額はいくら?体験談とマル秘交渉テクをレポート

ステップワゴン 値引き

ステップワゴンの購入を考える場合『値引き額はいくらなの?』ということが気になりますよね。

※このページには下記の内容で構成されています。

  1. 値引き相場
  2. 値引き体験談
  3. 役立つ値引き情報

ネットではすでに多くの見積書が公開されているので、「参考にしたい!」と思っている方も多いのではないかと思います。

しかし、ディーラーで発行してもらった見積書の値引き内訳は、結構ザックリと分けている場合があるので、どこでどれだけ値引きさらているのかが正確でない場合もあります。

 

ひーちゃん
ひーちゃん

車両本体値引きの中にオプションの値引き分を含んでいたり、下取りの分が含まれていたりする場合があるよ。

まっきー
まっきー
このままだと参考にできないね。

不確定な情報では参考にならないので、『これから新車を考えている』という方のために、当ブログでは多くの情報を独自に調査し、信頼性の高いものを公開しています。

ステップワゴンの値引きレポート

2019年10月の値引き相場は?

車両本体値引き:30万

オプション込み最大総値引き額:50万円

ディーラーオプションでは20%〜30%の値引きが可能です。

これ以上待っても値引き額はほとんどわからないので買い時です。

 

購入者の体験談

購入した方の値引き額はいくらだったのか、またどのように交渉したのか、ということが気になるのではないでしょうか。

それらを参考にするために、実際に購入者の体験談を覗いてみましょう。

3つの販売店を回って値引き総額45万円になりました。

 

車両本体から30万円の値引き。

オプションから18万円の値引き。

点検パックとコーティング含めていたので大きな値引きに繋がったようです。

値引き額は大きく設定されているように思います。価格は300万円代になってしまいライバル車が多く存在します。そこで勝ち抜くために、値引き額を大きくしてお得感を出しているような値引き額になっていそうですね。

 

値引き交渉に絶好の時期は?

値引き交渉に絶好の時期というものがあります。

まいちゃん
まいちゃん

値引き額が大きくなりやすい時期に交渉に入ることで大きな値引きが期待できるわ。

その時期というのが決算期の前月です。

決算期は3月と9月にあるので、前の月である2月8月に交渉することで値引き額が大きくなりやすい傾向にあります。

 

値引き交渉のススメ!どう交渉をする?

スムーズな値引き交渉の切り口が重要

いざ値引き交渉を始めるとなった場合、いきなり「値引きをしてよ」と言われるとどうでしょうか?

言われた相手も気分が良くありませんし、それなりの値引き額を提示してくれるとは思えません。

一発目から相手の気分を害さずに値引き額を引き出す方法が2つあります。

それは、、、

  • 他にも考えている車があることをチラつかせる
  • 同じ車でも運営会社の違うディーラーで交渉していることをチラつかせる

ことです。

 

他にも考えている車があることをチラつかせる

ひーちゃん
ひーちゃん

あの車の方が安いし、どっちにするか悩んでるんだよね~。

営業マン
営業マン
そうなんですね。
ウチの車もオススメですよ。
(少し値引きを多めにしてお得感を出せばウチの車を考えてくれるかなぁ・・・)

ライバル車と迷っていると言えば、営業マンは自分とのころの車に目を向けて貰おうと、車の製品力やお値打ち感でアピールをしてきます。

ここで値引きを狙うのではなく、まずは営業マンに「ウチの車を買ってもらえそうなお客さんだな。頑張ろう。」と思わせることが重要です。

 

ここではあなたが、頑張ってくれそうな営業マンかどうかを見極めましょう。

頑張ってくれそうな営業マンに出会うことができれば、後々大きな値引きを引き出すことができるでしょう。

 

同じ車でも運営会社の違うディーラーで交渉していることをチラつかせる

ひーちゃん
ひーちゃん

他店では10万円値引きしてもらったよ。

営業マン
営業マン

では、ウチは15万円引かせて頂きます。

他店で貰った値引き額の記載がある見積書があると、なお良いです。

新型車でもない限り、あなたが見せた見積書を上回る値引き額を提示してくれるでしょう。

 

値引き交渉一発目でこれらの存在をチラつかせることで、ディーラー側も「このお客さんは、少しでも他のお店より値引きを大きくしないと購入には至らないな」とさとります。

 

ただ単に「値引きしてください」というよりも効果があることをわかっていただけたかと思います。

ただ、これをしたからと言ってディーラーが決めている値引き限度額以上の値引きをしてもらえることはありませんので、交渉開始一発目でスムーズに値引き額をアップさせる方法として実施してみてください。

ディーラーオプションで値引きを狙う

ディーラーオプションは値引き対象になりやすい

オプションを多く付けるほど値引き額は大きくなるので、必要と思うオプションを多めに付けて値引き交渉に挑みましょう。

しかし、どんなオプションが必要か迷うかたのために、値引き交渉の際に選んでおきたいオプションをご紹介します。

 

1.エントリーナビ:105,840円

ナビ取り付けには、別途アタッチメントとして4,320円が必要になります。

2.ドアバイザー:22,680円

小雨であればバイザーで雨の降り込みを防ぎながら換気ができるので付けておいて損はありません。

3.フロアカーペットマット:44,280円

 

ステップワゴンには駐車をサポートするバックカメラ、ETC車載器、ナビ・オーディオリモートコントロールスイッチのお得なセットや、自動格納式ドアミラー、サイドエアバッグシステムなど、多くのオプションが標準装備されています。

 

ドライブレコーダーも含みたいところですが、価格が安価な通販のものでも十分なので不要と判断しました。

残りは自分の好みのオプションを付けて値引き交渉に挑んでみてはいかがでしょうか。

「これ以上値引してもらえそうにない。しかし予算が超えた」となれば、不要なオプションを外しましょう。

ディーラーオプションの値引きを交渉が終わったら、必ず工賃・ETCセットアップなどのサービスを交渉をしておきましょう。

 

契約直前で限界突破せよ

ディーラーオプションを値引きしてもらって「そろそろ限界かな」という頃に交渉したいものが次のものです。

これらはサービスを狙えるので、契約直前に交渉してみましょう。

  • ドアバイザー:22,680円
  • ナンバーフレーム(フロント&リア):9,720円

「これで決めてくれるんだったら・・・」とサービスしてくれるかもしれません。

 

様々なサービスを狙う

車両本体値引きやディーラーオプションなど、あまり多く値引きをしてもらえなかった方でも諦めずに次のものをサービスしてもらう様に交渉してみましょう。

  • 工賃無料
  • ガソリン満タン
  • 車庫証明・検査登録手続きの代行
  • 納車費用

 

これらの交渉のコツは契約直前です。

早い段階でこれらを交渉してしまうと値引き額が抑えられてしまう可能性がありますので、『最後の一押し』というところでお願いしてみましょう。

車庫証明と検査登録手続きをご自分でする場合、費用としいては約5000円程で済みます。

 

しかし、平日に警察署と陸運局に行かなければならず、少なくとも平日2日間を確保しなければなりません。

こちらは自分で出来るので可能ならば自分でしたいところですが、休みを取れない場合はディーラーにお願いしましょう。

4~6万円程の費用が発生してしまうので、こちらをサービスしてもらえるように交渉すると良いでしょう。

 

『下取り査定』で買取り額大幅アップ!新車購入費用に活用!

車の下取りがある場合、商談に入る前に絶対にしておいた方が良いのが買取業者による下取り査定です。 たまに”60万円の値引きに成功”などといったように恐ろしい程の値引き額を獲得した方がいますが、だいたいコレをやっています。 しかし、
  • 買取業者を1件1件まわるのは大変
  • 1番高く買い取ってくれる業者がなかなか見つからない
  • 下取り査定に時間をかけたくない
と、多くの悩みを抱えてしまうでしょう。 そんなときに頼りになるのがネットで下取りができる一括査定サイトです。 中古車情報誌カーセンサーのwebサイトカーセンサー.net簡単ネット査定なら、一番高く買い取ってくれる買取業者を自宅で見つけることができます。 買取業者で比較するだけでもこれだけの差がでてしまいます。 仮にディーラーで下取り査定を行ったとしても、ディーラーには買取り額を競う相手がいないので、このような高い下取り額はだしてもらえません。 お車の相場を把握せずに商談に入ってしまうと、安く提示された価格が妥当なのか判断できずに大損をしてしまう場合があります。
買取業者では、ディーラーでの下取り額より20万円も高値で買い取ってもらえました。 あやうく大損するところでした。
  買取業者での下取りをするメリットはそれだけではありません。 実は値引き交渉にも活用できてしまうんです。
営業マン
営業マン
お車の下取り額は50万円です。
買取業者では70万円と査定されました。 それ以上の下取りはできませんか?
営業マン
営業マン
そうでしたか。少々お待ちください・・・。 では、80万円ではいかがでしょうか?
それならオッケーです!!
これは一括査定での下取りとディーラーでの下取りを競わせた例です。 入力はとっても簡単なので、必ずやっておきたいところですね。
  • かんたん入力で申し込み
  • 大手買取業者と提携しているので安心
  • ディーラーで売るより高値が付きやすい
  • 一番高い買取業者が見つかる

 

下取り不可でも大丈夫!!『廃車買取』で売る

ディーラーや中古車買取業者に下取りを断られたりする場合があります。
  • 走行距離が長い
  • 年式が古い
  • 事故歴がある
このような車を「とりあえず引き取ってもらえるんだったら何でも良いや」なんて思っていませんか?   大切にしてきた愛車なのに「売れないだろう」と思い込んでしまい、損な手放し方をしてしまっている人も多いのです。 そんな鉄クズ同然なお車でも買い取ってくれるのが「廃車買取」というサービスです。 処分にお金がかかるのではなく、むしろ買い取ってもらえるとなると、利用しない手はありませんよね。 廃車費用無し、レッカー代負担、愛車の高価買取ならハイシャルがオススメです。
  • エンジンが故障して動かなくなった
  • 愛車が古くてボロボロ
どんな状態でも相談の乗ってくれます。

 

値引きがダメなら中古車がオススメ!

思ったより値引きされなかった場合は中古車を探すのも一つの手です。 しかし、人気のグレードやカラーはネットに掲載される前に売れてしまうことが多くなかなか条件の合う車が見つけにくい。 実はインターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%に過ぎません。 ズバット車販売ならネットに掲載されていない非公開車両も含めて、あなたにピッタリの車を最短即日、通常2日で見つけ出してくれます。 もしかすると状態の良い新古車などが見つかるかもしれないのでかなりオススメです。

 

モデルチェンジ発表後は現行車の値引き額が拡大

モデルチェンジの発表があるとモデルチェンジ後に注目が集まり、発売まで待つ人が増えるので現行車が売れにくくなります。

現行車は数カ月後には旧型となってしまい、売れ残ってしまうと赤字になってしまうので、値引きを大きくしてでも売りたいというのが本音です。

まいちゃん
まいちゃん

ディーラーが売りたい車両は「売り尽くしセール」などで掲示される場合が多いの。

新型にこだわりがなければ、掲示額以上に値引きしてもらえるように、積極的に交渉したいね。

 

まとめ

値引きについてのまとめは以下の通りです。

  • 車両本体値引き:30万円
  • オプション込み最大総値引き額:50万円
  • 契約直前にサービスをお願いする
  • 下取りは、買取業者とディーラーを必ず比較する
  • 下取り不可であれば、廃車買取を利用する

 

想定していた値引き額より多かったという方も多いのではないでしょうか。

「早く乗り換えたい」と思う方もいるかもしれませんが、焦りは禁物です。

 

特に車の下取りで損をしないように、買取業者でのお見積りを取ることをオススメします!

★お車のご購入を検討されている方には、自宅で簡単にお見積りができるネット見積もりがオススメ!!
・複数メーカーの車種を無料で比較できる!
・煩雑な支払総額・諸費用がわかる!
・ネットから手軽に見積もりがとれる!
・入力は最短1分!!
・マイページで価格交渉も可能
・全国の4,000ディーラーが加盟
・新車見積もり依頼数は月間65,000件の実績
見積もりはコチラ
新車値引き
ぜひシェアをお願い致します
カーNext

コメント

タイトルとURLをコピーしました