トヨタRAV4グレード違いでの燃費は?気になるみんなの実燃費レビュー

 

こんにちは、ひーちゃんです。

一時的に日本市場から撤退していたRAV4ですが、2016年、2017年には世界のSUVの売り上げ1位を記録していたことをご存知でしたでしょうか?

 

そんな大人気のSUVがTNGA「Toyota New Global Architecture(自動車の開発に関わる様々な事柄を総合的に改革するトヨタの新システム)」のプラットフォームを採用し再び日本に戻ってきました。

 

今回は、日本で発売されているRAV4の実燃費について掘り下げていきます。

価格・グレード

グレード価格燃費エンジン駆動
Adventure3,137,400円WLTCモード:15.2km/L2.0L4WD
G“Z package”3,348,000円
G3,202,200円
X2,608,200円〜WLTCモード:15.2〜15.8km/L2WD/4WD
HYBRID G3,817,800円JC08モード:25.0km/L
WLTCモード:20.6km/L
2.5L+モーターE-Four
HYBRID X3,202,200円〜JC08モード:25.2km/L〜
WLTCモード:21.4km/L〜
2WD/E-Four

 

表を見ていただくと、燃費の走行モードにJC08モードとWLTCモードの2種類があることがわかります。

 

JC08モードは、今まで日本で発売されていた車と同じ手法で計測した燃費を思っていただいて結構です。(参考ですが、今後、燃費表記は世界共通モードであるWLTCモードに移行しますが、しばらくの間は両方の表記になるでしょう。)

 

RAV4 デビュー 新型車
出典:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

 

エンジンは、2016年8月にフルモデルチェンジしたプリウスをはじめ、続々と車種展開をされているTNGA「Toyota New Global Architecture(自動車の開発に関わる様々な事柄を総合的に改革するトヨタの新システム)」を元に作られたをエンジンを採用しています。

 

これにより、RAV4でも高燃焼効率、高出力、低燃費を実現しています。

 

ガソリン仕様の2.0L直噴4気筒エンジンは、今後発売される新型カローラセダンにも採用予定であり、ハイブリッド仕様の2.5L直噴4気筒エンジンは、新型カムリにも採用されています。

 

なお、ハイブリッド仕様にはE-Fourという駆動方式が採用されています。

これによりさまざまな走行状態に応じて、FF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)走行状態まで自動的に制御し、安定した操縦性・走行の安定性が向上しています。

みんなの実燃費 SNSの反応は?

RAV4にはガソリンとハイブリッドがありますが、燃費も車を選ぶ重要な基準になってくるので、双方の実燃費が気になりますね。

ガソリンとハイブリッドの実燃費を覗いてみましょう。

ガソリンの実燃費

ハイブリッドの実燃費

 

まとめ

今回はRAV4のユーザーの声を集めてみた結果、SUVとしてかなり良い燃費を記録しているのがわかりました。

プリウスと同じTNGAのプラットフォームを採用しているということで、燃費の良さは納得です。

燃費が気になってなかなかクロスオーバーSUVに手を付けられなかったユーザーにも、多く広まっていってほしいですね。

コメント